PC・タブレット・スマフォ・ガラケー対応

旅色コンシェルジュご利用規約

第1条(規約の適用)

  • 本利用規約は、旅色読者会員(以下「会員」という)または、「旅色コンシェルジュ」の利用者(以下会員と利用者を総称して「ユーザー」という)が「旅色コンシェルジュ」を利用するにあたり、株式会社ブランジスタ(以下「当社」という)とユーザーとの関係に適用されます。
  • 本利用規約は、別途定める「旅色読者会員規約」の一部を構成します。

第2条(「旅色コンシェルジュ」の定義及び施設利用契約の成立)

  • 「旅色コンシェルジュ」は、ユーザーが自ら当サイトまたは、旅色コンシェルジュ予約センターを通じて、「旅色コンシェルジュ」に参画しているホテル、旅館等の施設(以下「宿泊施設」という)が予め登録した客室及び旅色コンシェルジュ予約センターが提示した宿泊プランの予約を行うことを可能にするサービスをいいます。
  • 宿泊施設は、自己の責任において宿泊サービスを提供しており、当社は、実際の宿泊サービスの提供に関し何らの関与もしません。
  • ユーザーが、自ら当サイトを通じて予約の申し込みをした場合、「旅色コンシェルジュ」のシステム上で「予約番号」が発行され、宿泊契約の成立を証するため、「予約番号」を記載したメールをユーザーが予め指定するメールアドレスに配信します。但し、通信事情や当該メールアドレスの誤記等、当社に責のない事由に基づき「予約番号」を記載したメールをユーザーが受信することができない場合等の事態が生じても、宿泊契約の成立に影響を与えるものではありません。
  • ユーザーが、旅色コンシェルジュ予約センターを通じて客室の利用にかかる予約の申し込みをした場合、旅色コンシェルジュ予約センターのオペレーターがユーザーに「予約番号」を通知した時点をもって、宿泊施設とユーザーの間に宿泊契約が成立するものとします。
  • 本条の定めに基づき宿泊施設とユーザーとの間で宿泊契約が成立した場合、当社は、ユーザーが、当該宿泊施設にて別途定めるキャンセル料の負担等の義務が自己に生じることを承諾したものとみなします。

第3条(「旅色コンシェルジュ」における施設利用料金の考え方)

  • ユーザーは、宿泊施設の提供する空室状況、宿泊料金等に関する情報が、他の媒体で提供する情報と異なる場合があることを了承します。なお、宿泊施設の提供する施設利用料金には、消費税が含まれておりますが、その他諸税(入湯税・ホテル税等)については含まれている場合と含まれていない場合があります。
  • ユーザーは、宿泊施設の提供する施設利用料金が変更されることを了承します。変更後の料金は、変更後に宿泊契約が成立したユーザーにのみ適用され、変更前に宿泊契約が成立したユーザーには変更前の宿泊料金が適用されます。
  • 宿泊契約成立後に施設利用料金が変更し、その後、ユーザーが予約内容を変更した場合、当該ユーザーには変更後の宿泊料金が適用されます。但し、変更内容が、宿泊日数および部屋数の双方または一方の減少に限られる場合、当該ユーザーには変更前の宿泊料金が適用されるものとします。

第4条(予約のキャンセルの成立と無断キャンセルの禁止)

  • ユーザーは、施設利用予約をキャンセルする場合、以下に定める時点をもって、キャンセルが成立するものとします。
    • ユーザーが、旅色コンシェルジュ予約センターを通じて予約のキャンセルを行い、旅色コンシェルジュ予約センターのオペレーターが、ユーザーに対し、予約キャンセルを完了した旨通知した時点
    • ユーザーが、宿泊施設に直接連絡し、予約のキャンセルを行い、宿泊施設が、ユーザーに対し、予約キャンセルを了承した旨通知した時点
    • 当社が所定の方法に従い、ユーザーに予約キャンセル完了の通知をした時点
  • ユーザーは、宿泊予定日に宿泊することができないことが判明したとき、すみやかに宿泊施設へその旨連絡し、宿泊施設の指示に従うものとします。なお、ユーザーが当該宿泊施設に対しキャンセル料を支払う義務を負担している場合、当該宿泊施設が定めるキャンセル料を、所定の方法および期日までに支払うものとします。
  • 当社および宿泊施設は、ユーザーが、事前に何らの連絡もなく宿泊予定日当日に姿を現さず、当該宿泊施設を利用しなかった場合には、無断キャンセルとみなし、当該ユーザーの宿予約サービスの利用停止または旅色読者会員資格の剥奪等必要な措置(法的措置を含む)を取ることができるものとします。なお、ユーザーは、当該宿泊施設が定めるキャンセル料を、所定の方法および期日までに支払わなければなりません。
  • ユーザーが、成立した予約の変更をする場合、予約した宿泊施設に対して直接連絡して、すみやかに変更手続きすることとします。
  • ユーザーが予約の変更を行う場合、以下に定める時点をもって、変更が完了するものとします。
    • ユーザーが、宿泊施設に直接連絡し、予約の変更を行い、宿泊施設が、ユーザーに対し、予約変更を了承した旨通知した時点
    • 当社が所定の方法に従い、予約変更の確認通知をした時点
  • 成立した予約の変更手続きの実施日によっては、当該宿泊施設が定めるキャンセル料が発生することがあります。その場合、ユーザーは、宿泊施設所定の方法および期日までにキャンセル料を支払わなければならないこととします。

第5条(ユーザーの遵守事項)

  • ユーザーは、予約金等が必要な宿泊施設を予約する際には、宿泊施設の定める期日までに当該予約金等を納めるものとします。なお、ユーザーが宿泊施設の定める期日までに予約金等を支払わなかった場合においても、当該予約はキャンセルされません。
  • 前項で、宿泊施設がユーザーへ電子メール等により予約金等の支払いの催告を行ったにもかかわらず支払いが為されない場合には、宿泊施設が当該予約を無断キャンセルと判断する権利を有することを、ユーザーは予め承諾します。
  • ユーザーは、自己の責任において直接宿泊施設との契約を履行するものとし、宿泊サービスに関する問い合わせ・要望等は宿泊施設に対して直接行うものとします。
  • 前3項の他、ユーザーは、宿泊施設が別途定める条件・規則等を十分に理解し遵守するものとします。
  • ユーザーは、「旅色コンシェルジュ」を利用するにあたり、次の行為をしてはならないものとします。
    • 第三者になりすまして情報を送信または書き込む行為
    • 当社の承認した以外の方法により宿予約サービスを利用する行為
    • 有害なコンピュータプログラム等を送信または書き込む行為、スパムメール、チェーンレター、ジャンクメール等を送信する行為
    • 当社または第三者の著作権、その他知的財産権を侵害または侵害するおそれのある行為
    • 当社、宿泊施設および第三者を誹謗、中傷または名誉を傷つけるような行為
    • 公序良俗に反する内容の情報、文書および図形等を他人に公開する行為
    • 宿泊者またはユーザー個人の名称、住所、電話番号、メールアドレス等、意図的に虚偽の情報を登録する行為
    • 宿泊施設の請求する予約金、キャンセル料または宿泊料金の不払い(理由の如何を問わない)
    • 宿泊施設での暴力行為等、宿泊施設、当社または第三者に対する迷惑行為
    • その他法令に違反または違反するおそれのある行為
  • 前項各号に該当するユーザーの行為によって、当社および第三者が損害を生じた場合、ユーザーはすべての法的責任を負担するものとし、当社および第三者に損害を与えないものとします。
  • 第4条に基づき、当社がユーザーの宿泊施設の客室予約をキャンセルした場合、ユーザーは、当該宿泊施設にかかるキャンセル料を納めるものとします。
  • ユーザーは、宿泊施設が提供する宿泊サービスの内容について苦情を有する場合、その当該苦情を宿泊施設に対して申し立てるものとします。

第6条(宿泊施設の加減)

  • 宿泊施設は、当社または宿泊施設の都合により、ユーザーへの事前の通知なく変更(追加および参画の終了を含む。以下同様)される場合があり、ユーザーは予めこれを承諾するものとします。
  • 前項の規定に基づき、宿泊施設が変更された時点において、ユーザーと宿泊施設の間で宿泊契約が成立している場合には、当該契約は有効に存続するものとし、宿泊施設の変更は、当該契約に対し何らの影響も及ぼさないものとします。

第7条(免責事項)

  • 当社は、宿泊施設の営業状況等につき調査する義務を負わないものとします。
  • 当社は、宿泊施設より提供される宿泊サービス等について何等の保証もいたしません。また、宿泊施設等に関する情報は、所定の方法により、宿泊施設から提供された情報を「旅色コンシェルジュ」に登録したものであり、当社は、当該情報の正確性、完全性または有用性等についても保証いたしません。ユーザーが宿泊施設より提供された宿泊サービス等に関連して何らかのトラブルが生じた場合にも、当該トラブルが当社の責に帰すべき事由による場合を除き、当社は何らの責任も負いません。
  • 自然災害、回線の輻輳、機器の障害または保守のための停止、宿泊施設の参画の終了等による情報の損失、遅延、誤送、または第三者による情報の改竄や漏洩等により発生した損害について、当社の責に帰すべき事由による場合を除き、当社は、何ら責任を負いません。
  • 宿予約サービスに関連して発生したユーザーと宿泊施設間の一切の紛争について、当該紛争が当社の責に帰すべき事由による場合を除き、当社は何ら責任を負いません。